Musical Lyrics for Japanese

自身の語学力向上のため英語ミュージカルの日本語訳をしています。多忙につき更新頻度は低いです。

ETAJ 4.The Legend Of Loco Chanel

Everybody's Talking About Jamie 4.' The Legend Of Loco Chanel ' 歌詞 和訳

 

 

[HUGO]

Once in a lifetime!

There will rise a hero!

Whose approaching footsteps!

Will cause the earth to quake!

Once in a lifetime!

They'll baptise a hero!

In the blood she left in her wake!

The legend of Loco Chanel!

一生に一度、ヒーローが現れる

その近付く足取りは地震をも引き起こす

一生に一度、ヒーローは洗礼を受ける

血の中で彼女は目覚めた

これがロコ・シャネルの伝説だ!

 

 

I'll sing a story now of way out West.

Of Madam Loco and the blood red dress.

And of the man who didn't treat her right.

You see that dress - well it started out white.

She was the sweetest thing you ever seen.

Raised on a cattle ranch in Southey Green.

She was a beauty queen in ’69.

And spent her summers on the Greyhound line.

 

西の果ての物語を歌ってあげよう

ロコ夫人と真紅のドレスの物語を

そして彼女をうまく扱えなかった男の物語を

君の選んだドレス、それは初めは白かったんだ

彼女は見たこともないくらい可愛かった

サウジー・グリーンの牧場で育って

1979年の美人コンテスト優勝者だった

グレイハウンド沿いで毎年夏を過ごしていた

 

 

She knew a beauty queen must have her crown.

So she set off to a place called ’London Town’

Where streets are paved with gold and lit with dreams.

And magpies come to gather all that gleams.

A simple girl, she’d never travelled far.

But in her heart there burned a superstar!

She hit 'em hard and swore she'd give 'em hell!

The legend of Loco Chanel!

 

彼女はビューティ・クィーンには極上の時が必要だと気付いて

ロンドンの街に向かって出発した

道は黄金で覆われて輝く夢がある場所に

収集家のカササギはその輝きを全て集めた

ごく普通の女の子、遠くになんて行ったことなかった

でもその胸にはスーパースターが焼き付いていた

それを打ちのめして地獄に叩き落とすことを誓った

ロコシャネルの伝説だ!

 

 

She'd not a single friend to count upon.

Until, in Camden met a man named John.

John liked her lipstick, and he loved her wig.

He told her: ”baby doll I'll make you big!

Stick with me kiddo and the city's yours.

The fame, the fortune, the perpetual applause"

She trusted Johny, so she spent the night.

Who knew a wolf had such a charming bite?

 

頼れる友達は一人もいなかった

キャムデンでジョンに会うまでは

ジョンは彼女のリップとウィッグが好きで

「かわいこちゃん、君をビッグにしてあげる

俺についてきなさい、そうすればこの街は君のものだ

名声、財産、絶え間ない拍手喝采も」と言った

彼女はジョニーを信じ込んで、夜を共にした

あんなにも魅力的に咬みつく狼が他にいるだろうか

 

 

But Johny was an agent, not a gent.

And took more than the usual ten percent.

And though he promised Miss Chanel the Earth.

She soon discovered what his word was worth.

On opening night the audience was packed.

When she caught him screwing with a younger act.

In flagrante at the Finchley Novotel.

The tragedy of Loco Chanel!

 

でもジョニーは紳士ではなくエージェントだった

いつも10%以上をくすねていった

シャネル嬢になんでもすると誓ったが

彼女はすぐに彼の言葉の真意が分かってしまった

初日の夜、観客が集まった

彼女が若気の至りで彼を騙した時

フィンチェリーノボテルでの現行犯

ロコシャネルの悲劇だ!

 

 

The seats were sold out to the last reserves.

She said: "I need a drink to calm my nerves"

Then she saw Johny, with his tie askew.

Her look was loaded, and her gun was too.

"Here's to ya Johny - have a shot to start”.

And then she smiled and shot him through the heart

Her dress was purest white till Johny bled.

And turned her virgin gown to deepest red.

 

最終予約で座席は完売の満席

彼女は「気持ちを落ち着かせる飲み物が必要だ」と言い

ネクタイのずれたジョニーを見た

彼女はフル装備で、銃も装填された

「これはあなたに、始まりの一撃よ、ジョニー」

微笑んでその心臓を撃ち抜いた

彼女のドレスはジョニーが血を流すまでは真っ白だった

そして純白のドレスは真紅に染まった

 

 

She strode onto the stage, a crimson queen,

And killed the crowd by stealing every scene

And soon her fans were queuing round the block.

To see the diva in the blood red frock.

And that, my dear, is how the star shall rise.

With ruby lips and murder in her eyes!

Till one day, to avoid a prison cell.

Miss Loco vanished like a magic spell.

And where she is now - No! I'll never tell!

That's the legend of Loco Chanel!

 

彼女はステージを闊歩した、真紅の女王として

そして観客の視線を釘付けにして悩殺していった

すぐに彼女のファンは列をなした

血のように赤い翼を持つ歌姫を見るために

これが真紅の唇と殺人的な目を持つスターの誕生物語

ある日まで、刑務所の監房を避けるために

ロコは魔法使いのように姿を消した

そして彼女が今いるのはいや、決して言えない!

これがロコ・シャネルの伝説だ!

 

 

参照:

Everybody's Talking About Jamie The Concept Album

Everybody's Talking About Jamie the Musical Lyrics

 

 

 

な…長い!本筋関係ないのに!笑

これだけ聴いても(読んでも)なんのこっちゃだったから

まずは劇場に足を運ばないとですね。

 

Loco Chanelはご存知の通りCoco Chanelへのリスペクトですが

Hugoのお店、Victor's SecretもVictoria's Secretからとってますね。

成功した女性とか華やかな女性の象徴でめちゃめちゃかっこいいです。